基本的な知識でレースを楽しめるようになる

コーナリングスピード

F1は時速300キロを越えるスピードで有名です。ですが、最も特徴的なのがコーナリングスピードでしょう。ウイングなどから得られるダウンフォースのお陰で高いコーナリングスピードを誇ります。見たことも無いようなスピードでコーナーを駆け抜けていくのです。

F1とは

予選と決勝

基本的にF1は金土日の3日間で予選から決勝レースまでを行います。モナコの場合は、市街地コースということもあり、金曜日にF1マシンがコースを走ることはないでしょう。土曜日に予選を行い、日曜日に決勝レースが始まるのです。レースを楽しむには予選から観戦するのが基本でしょう。

予選方式について

ノックアウト式の予選です。各セッションで時間の半分を経過すると、90秒毎に遅いドライバーから予選落ちしていきます。ドンドン落ちていき、残ったドライバーが次の予選に進むのです。ドライバーは予選を勝ち上がるために必死でタイムアタックを行います。

エンジンとは

現在ではパワーユニットと呼ばれています。最大回転数が制限されており、最大でも1万5千回転までしか回すことができません。また、1.6リッターのターボエンジン以外認められていないのです。厳しい制限の中、各チームエンジンを開発していきます。エンジンがレース結果を左右するのです。

1年に使用できるエンジン

シーズンを通して、各チーム4基までしかエンジンを使用できません。エンジンのアップグレードなどにも制限がかけられており、制限を超えてしまうと厳しいペナルティが与えられるのです。ドライバーにとっては、エンジンを壊さないことも仕事の一つと言えるでしょう。

ギアボックス

ギアボックスに関しても厳しいルールが設けられています。基本的に、6戦は同じギアボックスを使用しなければならないのです。また、金曜日のフリー走行には含まれません。金曜日は別のギアボックスを使用するチームもいるでしょう。6戦以内に交換した場合は5グリッド降格ペナルティが与えられます。

歴史と伝統のレース

モナコグランプリは1929年に初めて開催された歴史あるレースです。市街地のため、クラッシュなども多いでしょう。ですが、ドライバーの技術が試されるサーキットとしてF1ファンから愛されているのです。これから先も、愛され続けるグランプリとなるでしょう。

広告募集中